スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
完全ファンレスPCⅡ その7 CPUクーラー交換
皆さん、あけましておめでとうございます。
私もPCも無事に新年を迎えることが出来ました。

さて、皆さんは、お正月に何をしていましたか?
巷ではcore2duoが流行っていますのできっと自作された方もいることでしょう。
私の方はと言いますと・・・2つほど作業を進めました。

1つ目は家庭内のLANコンセントの設置です。
これは、今メインマシンがおいてある部屋には外付けHDDがおいてあったのですがそれがどうしようもなくうるさかったので常々部屋の外に追い出したいと思っていました。
しかしながら、無線で追い出すと速度が遅いし、NASを買うのもいいが、そのままではLANケーブルが部屋をはうのは美しくない・・・と、色々迷った結果こうなりました。
上記についてはいずれレポートさせていただきます。

2つ目は完全ファンレスマシンⅡのPentium3機です。
別に何がどうのと言うのはありませんでしたがやはり自作のCPUクーラーが野暮ったいと言いますかケース内で大きすぎると言いますか・・・とにかく美しくないので(※画像)何とかしたかったと言うのがありました。
色々手持ちのCPUクーラーを眺めていたら特売で買ったakasaのevo120と言うのが無加工でジャストフィットしたのでケース内がとてもすっきりしました。

evo120a.jpg


evo120b.jpg


空いた時間を利用してubuntu(linux)でも入れてみようかと思ってます。
ではまた次回に!

スポンサーサイト
【2007/01/07 02:10】 完全ファンレスPCⅡ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
完全ファンレスPCⅡ その6 とりあえずベンチ
組み立ても一段落した静音Pentium3機ですが、
とりあえず、お約束のベンチ&体感レビューです。

まずはわかりやすいパイ焼きから…
p3pai.png
遅い!w 数値で見るとビックリする位遅いです。悲しくなるのでさっさと次のベンチ。

次はHDBENCH Ver3.30です。
数字の見かたが良く分からないが「ベンチマークランキング」で登録した結果1115位との事p3hdbench.png
他の人の結果と比べるとかなり良好ですが、どうやらGeforce5200の健闘によるものらしい…
AGPスロットありがとう!!

最後の画像はeverestです。まぁ温度測定ですね。
オンボードのセンサーを信じてよいのであればなかなか優秀です。
(Pentium3の500EMHzだから当たり前と言えば当たり前ですが…汗)
p3everest.png


その他、試した事としましては
タイピング・オブ・ザ・デッド2003(3D ゲームはこれしかしないので…)
16bitカラー解像度640×480であれば問題なし
32bitカラー解像度1024×768だとカクカク、って感じです。

またMpeg4(DivX)動画再生では予想を大幅に上回りCPU使用率75~95%位の範囲で十分な再生できました。(しかも32bitカラーで)
サンプル動画は
・ユーガットメイル XviDで700MBに圧縮された物
・TRICK劇場版 DivXで700MBに圧縮された物
・TVより取り込んだ1MbpsでDivXに圧縮した番組
等です。

そして最近流行りの「YouTube」は…まったく問題なし。
さらに調子に乗ってGyaoは・・・
何故か重い!!!非常に重いんです!Gyao!
とりあえずネットに11Mbpsの無線カードで繋いでるにしても重すぎです。意外な所でつまずきました。
どうして重いのかは不明ですが
GyaoってDivX動画より重いのかよっ!!!って感じです。゙;(;゚;ω;゚; )ブゴー
(この件に付いて他のPen3ユーザーの方のご意見、お待ちしています)

そして通常時のファイル操作は、何故かキビキビです。メインのPenMマシンとさほど変わらない感じ、と言うか違いを感じれません。これはPentium3のマシンに触るたびに感じるのですが一旦起動さえしてしまえばとてもキビキビと動く素晴らしいCPUだと思います。

しかし、思いのほか速かったのは良いけど、このマシン置く所がないです… ゙;`;:゙;`(;゚;■;゚; )
【2006/06/27 03:41】 完全ファンレスPCⅡ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
完全ファンレスPCⅡ その5 続・熱伝導システムの製作
前回の続きです。

まずは一通り形になったので現在の構成から・・・
ケース ALTIUM RS6(メッシュ仕様)
CPU PenⅢ 500MHz
マザー ASUS CUSL-LE(VAIOのOEMマザー)
電源 Thermaltake W0050
メモリ 512MB (もらい物)
クーラー NCU2000(あまり物)
HDD 日立GST(転がってた・・・)
CPUリテンション POSEIDONの水冷ヘッド用(だったような・・・)
ヒートパイプ (もらい物)
アルミ版 (50*60*3mm厚)を2枚 GIGACOMPで購入
VGA Albatron FX5200P(もらい物)
DVD-ROM NEC ND-2500A

と、いった感じです。あとの説明は画像を参照してください。

まずはCPU側を仮組みした所です。ここでの注意点はヒートパイプの曲げを微調整しながらの取り付けとなりますので河童のコア欠け防止のためにもセレロン400などを使用して調整した方がよさそうです。この後、ケース側のファン取りつけ部分の穴を利用しCPUクーラーを取り付けます。
20060622175912.jpg

CPUクーラーを取り付けた状態、Pen3の1GHzにも対応できるように念のためヒートパイプを3本に増やしておきました。ちなみにCPUクーラーを取り付ける前に試運転してみたのですがPen3の500MHz程度ではケースに熱を逃がすだけで十分冷えてしまう結果になりました。
20060622175928.jpg

全体像、見たままですね・・・。賛否両論でしょうが個人的にこのmicroATXケースのメッシュバージョンが大好きです。またファンがないので少しでも穴は多い方が良いと勝手に思い込んでいます。
20060622175953.jpg

今後は試運転と様々なベンチを計りながらそのうちPen3の1GHzを入手できたら取り付けたいと思っています。(が無駄にお金をかけるのが嫌で今まで更新が滞っていたのですが・・・汗)

この企画もやっと形になってきた所ですが次回は何やろうかなぁ・・・
考えるのが面倒なので誰か何かリクエストでも下さいね♪
【2006/06/22 18:01】 完全ファンレスPCⅡ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
完全ファンレスPCⅡ その4 熱伝導システムの製作
久しぶりの更新です。
前回ヒートパイプとソケット370用のCPUリテンションを見つけてから止まっていたこの企画ですが最近ボール盤を購入し大きく進展がありました。

作業が止まっていた部分は熱伝導システムで、具体案がなかなか思いつかず苦労していたのですが色々眺めている内に良い案が思いつきました。

どのような熱伝導システムになったかは画像を見ていただいた方がわかりやすいと思いますので未完成ですが製作過程の下の画像をご覧ください。

ボール盤で削っているところ
20060621010604.jpg

出来上がったものを仮組みしてみた・・・の図
20060621003719.jpg

PCの全体像
20060621010616.jpg

熱の流れとしてはCPUヒートパイプヘッド(勝手にそう名付けてみました)が受けた熱をヒートパイプを経てCPUクーラーとケースに流れていく、と言った感じです。

今後8cmファン取り付けようの穴とぴったり合うLGA775用のCPUクーラーが内部に取り付けられる予定です。

次回の予定としては熱伝導システムの完成図を公開したいのですが・・・

うまく行くと良いなぁ・・・汗
【2006/06/21 00:55】 完全ファンレスPCⅡ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
完全ファンレスPCⅡ その3 入手困難パーツの問題解決!
久しぶりの更新です。
前回よりヒートパイプとソケット370用のCPUリテンションが見つからず、この企画はこのまま挫折するんじゃないかと思っていたところでしたが、諦めずに頑張っていたら、なんと!いっぺんに2つも見つけてしまいました。

一つはマイクロヒートパイプ(3φ×22mm)
二つ目はPOSEIDON用CPUリテンションです。

あとは銅板を買ってきて、そこにヒートパイプ用の穴あけをし、ヒートパイプヘッド(今勝手に名づけました・・ハイ)を作るのみです。
heatpipe.jpg

相変わらず遅々とした進行具合ですが、皆さん見捨てずにお付き合いくださいませ。


※ あなたのお役に立てましたら banner_01.gif にポチッと協力お願いします。
【2006/02/27 21:33】 完全ファンレスPCⅡ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。