スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
第9回:ピンを曲げてしまったCPUのなおし方
皆さん こんにちは♪
先日、牛飼い君は友達に頼まれて壊れてパソコンのマザーボードの交換の付き合いをしてきました。(単なる暇つぶし相手とも言えますが・・・)
内容的には単純に「マザーが壊れただけなので今使っている物を取り外して新しいマザーに取り付ける」と言うだけの簡単な作業でした。
順調に友達が作業をすすめているので牛飼い君はとりあえず、コンビニで買ったおにぎりを食べながら観察している事にしました。

しかし友達がマザーから ちょっと乱雑目にCPUクーラーを外したときに事件は起きました。
CPUクーラーにCPUがくっついてしまって一緒に抜けてきてしまったのです。
しかもその時、余計な力がCPUのピン部分にかかったらしく20本ほど曲げてしまいました。
使っていたCPUはPentium4の2.8GHzだったので簡単に買いかえるわけにはいきません。
友達は指のツメを使ってウニウニしながら曲がりを治していました。
今回はその時の小技を紹介させていただきます。

実はちょっとした小道具があれば簡単にピンの曲がりも治せます。
それはシャープペンシルの先っちょの穴を利用するのです。
その時の写真は用意出来なかったので今回は永遠に使う事のないであろう「セレロン400MHz」での再現とさせていただきました。とりあえず3本ピンを曲げてみました。

CPU1.jpg

(比較的ありがちな曲げ方をしてみました。右下の3本を曲げてあります。)

CPU2.jpg

(今回の必殺?ツール マクドナルドでもらったシャープペン)

CPU3.jpg

(まずは端の1本目)

CPU4.jpg

(続いて2本目)

CPU5.jpg

(そして最後の1本)

CPU6.jpg


(最後に微調整でイジイジして3本とも綺麗になおりました♪)

シャープペンシル、牛飼い君は大人になってからは書く方では使っていませんが便利ですね♪
自作PCを始めた人なら、いつかは必ずやってしまう『ピン曲げ』 その時にお役に立てたら幸いです。


※ あなたのブログの今の順位は?⇒ banner_01.gif で本日のランクチェック!!
スポンサーサイト
【2005/07/28 18:38】 今回の牛ブロ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<< 第10回:誰でも出来るDVDのavi化 | ホーム | 第8回:ワイヤレスヘッドホン >>
コメント
こんにちは、ssnです。
僕もつい先日CPU換装の際にピンを曲げてしまいました。その時は、ご友人と同様に爪でチョイチョイと戻しました。今度曲げてしまった時は、この技を使わせてもらいますね。
【2005/08/01 02:20】 URL | ssn #-[ 編集] | page top↑
ssnさん、コメントありがとうございます。
socket478とかでクーラーにCPUがくっついてくる場合以外は爪で直すほうが早いかもしれませんね。w
間違って30本位曲げた時は使ってみてくださいね。
(ありえないか・・・汗)
【2005/08/01 13:52】 URL | 牛飼い君 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ushi.blog16.fc2.com/tb.php/11-c17d18c7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。