スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
完全ファンレスPC その6 光学ドライブのON/OFFスイッチ
以前読んだファンレス電源に関する記事でこういうものがありました。
『岡谷エレクトロニクスのファンレス無音電源 音無をPentium4を使用したシステムで運用したとこ裏面のヒートシンクが触れないほど熱くなったがPentiumMを使用したシステムだとぬるい程度だった』
と言った内容でした。

当然と言えば当然ですが、システム全体の消費電力が減れば電源にかかる負担も減ると言う事でもあります。

これを拡張して
「 普段使わないハードウェアは出来るだけOFFになっていた方が良いのではないか? 」
という事を考えた時に、普段は滅多に使わないけど常に電源が入っている物が一つ思い浮かびました。それはDVDドライブです。

と、言う訳で今回はタイトルにあるように「光学ドライブのON/OFFスイッチ」ネタです。
某スレッドによると光学ドライブはアイドル時でも2~5Wを消費しているとの事
たいして節電にはなりませんがファンレス電源の負担を減らすと言う観点では長い目で見ると効果は期待出来そう(?)な気がしないでもないので早速スイッチを製作してみました。

20050821142151.jpg

20050821142217.jpg


結果としては…ちゃんとON/OFF出来る様になったが、効果の体感は出来ず
(当たり前ですね…w)
そのうちワットチェッカーあたりできちんと計測してみたいと思います。

※今回使用したパーツ・物
バリューウェーブ 電源延長ケーブル 100cm 型番PCS-010V 380円
ミヤマ電器 トグルスイッチ 型番MS-500F (6PIN ON-ON) 200円
鎌風2の風の「穴あきスロットカバー部分」 余りパーツ
熱収縮チューブ もらい物
(続く…)


※ あなたのブログの今の順位は?⇒ banner_01.gif で本日のランクチェック!!
スポンサーサイト
【2005/08/21 14:37】 完全ファンレスPC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< 第12回:コタツをPCデスクにする時の小技 | ホーム | 完全ファンレスPC その5 HDDの静音化>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ushi.blog16.fc2.com/tb.php/23-4d06e8cb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。